ふくしまHACCP ふくしまHACCP

新型
コロナウイルス
感染症対策

ふくしまHACCPアプリを活用した
新型コロナウイルス感染症対策を
はじめてみませんか?

飲食店では、マスクを外す機会が多く、いわゆる3密(密閉・密集・密接)が発生しやすいことが指摘されています。
飲食店における感染拡大を防止するため、県では感染防止対策ガイドラインに基づいた対策を実施している飲食店にステッカーを配布する事業を実施しています。
また、HACCPの考え方を応用することで、より実効性の高い感染防止対策を実施出来ることから、この度、ふくしまHACCPアプリに新たな機能を追加しましたので、是非、活用してください。

新型コロナウイルス
感染症対策に取組む

感染防止対策を実践する
飲食店が拡大中!

感染対策取組ステッカーを配布した飲食店の一覧がこちらから確認出来ます。
各店舗が取組む感染対策をまとめて「見える化」!

マンガでわかる、新型コロナウイルス感染症対策

業界団体が中心となって作成した「福島県飲食業等における新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドライン」をHACCPレンジャーと新しい仲間が分かりやすく解説。
事業者と利用者それぞれが協力して、正しい感染防止対策を進めて行こう!!

特別号「新たな敵、新型ウイルス」

特別号「新たな敵、新型ウイルス」

もっと!ふくしまHACCP!

男性

新型ウイルスの終息にはもう少し時間がかかりそうね…。

でも、これまでに分かったウイルスの特徴から対策は見えてきているの。それを県と専門家がまとめたのが「感染防止対策ガイドライン」よ。

HACCPマン

男性

敵は見えなくても、対策は見えている。みんなで「ガイドライン」を実践すれば、ウイルスに負けない明日はきっと来る!

そうね!「ガイドライン」には大きく4つの対策があったわね。もう分かったかしら?

HACCPマン

男性

任せて。ひとつめは3密の解消対策。混雑しないよう入店人数を制限する、客席は真正面の配置を避けたり、間隔を最低1m確保する。そして最も重要なのが十分な換気なんだ。

特に寒い季節は換気が不十分になりがちなので注意が必要なの。厚生労働省が効果的な換気に関するリーフレットを作成しているので参考にしてね。
①https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000618969.pdf
②https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000698848.pdf

HACCPマン

男性

2つめは施設設備の対策。お客様がいつでも手洗い消毒ができるようにしたり、タオルは共用ではなく、使い捨てのペーパータオルにしたりして、清潔な手で食事がとれるようにしています。

さらに、お客様が触れるドアノブや券売機、水道蛇口等は定期的に、テーブル、イスの背もたれ、メニュー表やタッチパネルはお客様が入れ替わるたびに、アルコール消毒液、次亜塩素酸水溶液等で拭き取り消毒よ。お金のやり取りは釣り銭トレーを使うのが基本。キャッシュレス決済もおすすめね。

HACCPマン

男性

3つめは従業員対策。スタッフの衛生管理が大切なのは、HACCPといっしょ。
毎日の検温や体調のチェック等、まずは自分の健康に気をつけて、ウイルスを持ち込まないようにするのよ。

仕事中のマスクの着用はもちろんだけど、休憩時間に従業員間で感染する事例が意外に多いの。大変だと思うけど、休憩時間も感染防止対策に注意してね。

HACCPマン

男性

4つめは利用者対策。お客様へマスクの着用を呼びかけ、体調がよくない時は入店はお断りする。

大声での会話を控えてもらい、もしもの時のために連絡先を確認することが大事。

HACCPマン

男性

そういえば、私たちの「ふくしまHACCPアプリ」に、お店の利用状況を簡単に確認出来る機能が追加されるうようね。お店もお客さんも利用してね。

男性

つまり、新型ウイルス対策は、お店のがんばりに、みんなの協力が加わって初めて成り立つんだ!

そうよ。だから、みんなでガイドラインを実践することが大切なの。その上で、テイクアウトやデリバリーといった新しい食の楽しみ方も取り入れてほしいわ。新型ウイルス対策と経済の両立の鍵は「新しい生活様式」。みんなで実践して感染を抑えながら、お店を応援していきましょう!

HACCPマン

男性

おーっ!!

PAGETOP